未経験でも介護福祉の仕事はできる

働き始めた後も資格は必要?

未経験から介護福祉の仕事にキャリアチェンジした後は、働きながら資格を取得することでキャリアアップが可能となります。介護福祉士などの上位資格を取得することで良い待遇を得ることができます。そのためには、資格取得支援サポートを上手に活用しましょう。

無資格・未経験でも大丈夫

むしろ今がチャンス

LINEで送る
Pocket

無資格からでも始められる理由

無資格からでも始められる理由

介護福祉系の資格には様々なものがあるので、介護職は資格を持っていないと働けないのではないかと考えている人も多いかと思います。しかし実際には、無資格・未経験からでも働くことができます。
高齢化が急速に進む日本において、介護業界は慢性的な人手不足に悩まされています。そのため、無資格・未経験でも採用しているところは多いです。ただし、有資格者と比べると仕事の範囲には制限がでてきます。排せつや食事の介助は有資格者の担当となり、無資格の場合は衣類の整理や掃除などの初歩的な介護業務を任されることになります。待遇面も有資格者のほうが良いでしょう。そのため、無資格から仕事を始めて、働きながら資格取得を目指す人が多いです。
もちろん、資格を取得してから働き始めるという選択もあります。しかし、今すぐにでも介護福祉の仕事がしたい、まずは実際に働いてから適性があるのかを見極めたい、などという人もいるかと思います。そういう人にとって、未経験からでも始められる介護の仕事はメリットが多いでしょう。さらに、事前に介護現場で経験を積んでいたほうが後々資格取得を目指す際に有利になります。上位資格になると決められた年数の実務経験が必要になりますが、早く働き始めればその分だけ必要な実務経験を積むことができるのです。

ためらうことはない

介護福祉の現場と聞いてすぐに思いつくのは老人ホームなどの高齢者入居者施設や、病院などの医療機関かと思います。これらの職場は介護福祉士を筆頭に医師や看護師などの国家資格を持っている人が働いているイメージがあるかもしれません。しかし実際には、それ以外の人も多く働いています。特別な資格を所有していないスタッフやキャリアチェンジをして新たなスタートを切った人がたくさんいます。求人情報にも「未経験者歓迎」と書かれている施設は多く、入社後はしっかりと研修を受けたうえで働き始めることができます。どこの施設も人手を欲している状態ですので、臆することなく挑戦してみましょう。

無資格・未経験OKの求人について

無資格・未経験OKの職場では、人柄やコミュニケーション能力が重視されます。また、資格取得支援制度を設けているところも多いので、未経験から始めて働きながら資格を取得できる環境があります。資格を取得すれば仕事の幅が広がり待遇も良くなります。
介護サービスは様々な種類があるので、条件だけではなく事業所がどのようなサービスを提供しているかを確認することが大切です。自分のやりたい仕事ができ、かつ資格取得支援制度のあるところを探しましょう。

NEWS
    • キャリアアップするなら必要"

      キャリアアップするなら必要

      無資格でも転職することが可能な業界ですが、キャリアアップをしていきたいのであれば資格の取得は必須です。なぜ資格を取得することでキャリアアップにつながるのかを紹介するとともに、実際のキャリアアップ例も紹介します。

    • 転職時の心構え"

      転職時の心構え

      異業種からキャリアチェンジする場合に持っておくべき心構えとはどのようなものでしょうか。仕事をしていくうえで意識しておきたいポイントや転職先を選ぶポイントなど、事前に知っておくと有利なことを紹介していきます。

    • まずは介護職の魅力を知る"

      まずは介護職の魅力を知る

      ここでは、介護職未経験の人に向けて介護職の魅力について紹介しています。介護の仕事では多くの高齢者と触れ合うことになります。そこで、他の仕事にはない貴重な経験を積むことができます。また、働きやすいのも魅力のひとつです。