無資格でもOKな介護助手・介護補助の仕事

働き始めた後も資格は必要?

未経験から介護福祉の仕事にキャリアチェンジした後は、働きながら資格を取得することでキャリアアップが可能となります。介護福祉士などの上位資格を取得することで良い待遇を得ることができます。そのためには、資格取得支援サポートを上手に活用しましょう。

気になる仕事内容を紹介

介護助手・介護補助の仕事は様々

LINEで送る
Pocket

有資格者のサポートをする

有資格者のサポートをする

未経験からでも挑戦できる介護助手・介護補助の仕事内容を紹介していきます。介護福祉士などの有資格者が専門的な介護業務に集中できるようにサポートをするのがこの仕事の持つ役割です。介護助手・介護補助のサポートによって、より質の高い介護サービスの効率的な提供が可能となるのです。全体的に人手不足の業界なので、介護助手・介護補助の需要は今後も続いていくでしょう。

具体的な内容

主な仕事内容としてまず挙げられるのが「清掃・片付け」です。施設内を清潔に保つための清掃業務となりますが、誰かに支持されてやるというよりは、自ら積極的に作業をする姿勢が求められます。また、使用済おむつの片づけや食事の配膳なども行います。部屋の片付けや整理整頓をして、利用者が快適に介護サポートを受けられる環境を作り出します。
次に「ベッドメイキング」などの環境整備です。利用者が気持ちよく就寝できるようにベッドを整えたり、リネン交換などを行います。併せて、物品の整理整頓や管理・補充も行っていきます。
そして、「利用者の話し相手・見守り」も重要な仕事のひとつです。話し相手や相談相手となってくれる人を求める利用者は多いです。また、会話は脳の活性化につながるので老化予防にもつながります。また、高齢者や障害のある方の安全を確保するために、利用者を見守ることも忘れてはいけません。不測の事態にならないよう、常に注意しておく必要があります。
また、「趣味活動のサポート」も行います。例えば歌が趣味の利用者と一緒に歌ったり、手芸を手伝ったり、将棋の相手になったりなど、相手の趣味に合わせて様々なことを行います。

細かい内容は勤務先によって違う

上記のように、介護助手・介護補助の仕事は多岐にわたります。施設にもよりますが、認知症の方への対応が必要な場合もあります。身体介護は行いませんが、その他の面でサポートをしていきます。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホームなどの入所型介護施設、あるいはデイサービスといった通所型介護施設など、働く施設によって細かい業務内容は異なります。そのため、どのような状態の方が利用する介護施設なのか、それに伴った業務内容はどういったものなのかを事前に確認しておきましょう。
勤務先によりますが、季節ごとのイベントやレクリエーションなどを行うところもあります。その場合、どうすれば利用者が楽しんでくれるか、どうすれば良い雰囲気のなかでイベントを実施することができるかを考えていくことになります。

NEWS
    • キャリアアップするなら必要"

      キャリアアップするなら必要

      無資格でも転職することが可能な業界ですが、キャリアアップをしていきたいのであれば資格の取得は必須です。なぜ資格を取得することでキャリアアップにつながるのかを紹介するとともに、実際のキャリアアップ例も紹介します。

    • 転職時の心構え"

      転職時の心構え

      異業種からキャリアチェンジする場合に持っておくべき心構えとはどのようなものでしょうか。仕事をしていくうえで意識しておきたいポイントや転職先を選ぶポイントなど、事前に知っておくと有利なことを紹介していきます。

    • まずは介護職の魅力を知る"

      まずは介護職の魅力を知る

      ここでは、介護職未経験の人に向けて介護職の魅力について紹介しています。介護の仕事では多くの高齢者と触れ合うことになります。そこで、他の仕事にはない貴重な経験を積むことができます。また、働きやすいのも魅力のひとつです。