介護福祉の代表的な資格

働き始めた後も資格は必要?

未経験から介護福祉の仕事にキャリアチェンジした後は、働きながら資格を取得することでキャリアアップが可能となります。介護福祉士などの上位資格を取得することで良い待遇を得ることができます。そのためには、資格取得支援サポートを上手に活用しましょう。

代表的な資格を紹介

この資格を取得しよう

LINEで送る
Pocket

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

介護福祉系の初級資格として挙げられるのが「介護職員初任者研修」です。多くの人がこの資格の取得から挑戦することになります。以前のホームヘルパー1級2級にあたる資格です。

介護職員実務者研修

介護職員初任者研修を取得した後は、「介護職員実務者研修」の取得を目指していきます。介護の基本的な知識や技術に加えて、より実践的なスキルの取得を目標とした資格です。介護職員初任者研修の内容よりも専門的かつ幅広い内容となっており、医療的ケアの知識も学んでいくことになります。この資格を取得すると、サービス提供責任者という役職に就くことができます。そして、介護職員実務者研修を修了することで介護福祉士の受験資格を得られます。介護業界におけるキャリアアップでは重要な位置づけとなる資格なので、ぜひ取得したいところです。
受験するにあたって必要な資格はなく誰でも挑戦することができますが、介護職員初任者研修を修了している場合は受験科目が一部免除されます。また、スクールによっては資格保有者に対して受講料の減額を行っていることもあります。

介護福祉士

介護職員実務者研修を取得した後は、介護業界における唯一の国家資格である「介護福祉士」を目指していくことになります。介護福祉士の主な仕事内容は身体介護や生活援助ですが、そのなかでもより専門的なスキルを持った介護従事者として位置付けられます。
介護福祉士を取得するためには2つのルートが存在します。まずは、専門学校や大学など指定された教育機関を卒業したうえで介護福祉士資格を登録することです。その後5年間の実務経験を積むか筆記試験に合格することで、正式に資格登録が可能となります。介護福祉士の養成施設は全国各地に存在します。そしてもうひとつのルートが、介護福祉士国家試験に合格する方法です。介護福祉士には介護にあたって必要な知識や技術を身につけるとともに、適切な判断力や行動力、そして良好な人間関係を構築するためのコミュニケーション力が求められます。さらには老化や認知症への理解、心身の仕組みに関する知識も必要となりますので、広い範囲で勉強をしていかなければなりません。受験資格は、介護業務に3年以上従事していて、介護職員実務者研修の受講が終了していることになります。

その他にも資格はある

上記で紹介した資格以外にも、ケアプランの作成を行う「ケアマネジャー」も人気の資格です。そのほかにもレクリエーション介護や喀痰吸引等研修など現場で役立つ資格があります。以下に、介護福祉系の資格を掲載しているサイトを参考として紹介します。

日本の資格・検定

NEWS
    • キャリアアップするなら必要"

      キャリアアップするなら必要

      無資格でも転職することが可能な業界ですが、キャリアアップをしていきたいのであれば資格の取得は必須です。なぜ資格を取得することでキャリアアップにつながるのかを紹介するとともに、実際のキャリアアップ例も紹介します。

    • 転職時の心構え"

      転職時の心構え

      異業種からキャリアチェンジする場合に持っておくべき心構えとはどのようなものでしょうか。仕事をしていくうえで意識しておきたいポイントや転職先を選ぶポイントなど、事前に知っておくと有利なことを紹介していきます。

    • まずは介護職の魅力を知る"

      まずは介護職の魅力を知る

      ここでは、介護職未経験の人に向けて介護職の魅力について紹介しています。介護の仕事では多くの高齢者と触れ合うことになります。そこで、他の仕事にはない貴重な経験を積むことができます。また、働きやすいのも魅力のひとつです。